お腹周りの脂肪にアプローチしてくれる健康的に楽してダイエットができる「防風通聖散」を徹底リサーチ

防已黄耆湯

防已黄耆湯とはどんなもの?

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)は、色白でぽっちゃり、疲れやすく汗っかき、下半身がむくみやすいなど、いわゆる「水毒」という体質向きに作られた漢方です。

効果 副作用
体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの次の諸症:肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみ、多汗症、肥満症(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり) 人によってまれに、吐き気、食欲不振、むくみ、血圧の上昇、咳、息切れ、動悸、倦怠感、発熱などの症状がみられることがあります。
生薬 飲むタイミング
防已、黄耆、蒼朮または白朮、生姜、大棗、甘草 食前または食間に服用

【参考】厚生労働省「一般用漢方製剤製造販売承認基準について」処方番号183「防已黄耆湯」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/0000160072.pdf

試した人の口コミ・評判をチェック

  • 「むくみが改善して体重が3キロ減!」体重66kg→63kg(76歳男性)

以前から足がむくみやすく、靴下の跡がはっきりと足首についていたのですが、1年ほど飲んでからむくみがかなり改善しました。手の指の痛みの進行もおさえられているようで、当初、66キロだった体重は63キロにへりました。

  • 「全身のたるみが取れてスリムな体型に」(34歳女性)

ネットで防已黄耆湯の広告を見ていたら「むくみがあり、大量に汗をかく、水太りに」と書いてあって、まさに私のこと!と思い購入しました。1袋飲んでみると、尿がしっかり出るようになって、パツパツの太ももや顔のたるみが改善。全体的にすっきりとしたシルエットになってきて大満足です。

  • 「ひざ関節の痛みが引いて念願の旅行が叶いました」(75歳女性)

事故でひざ関節の半月板を損傷して、ひざの痛みに悩まされていました。私は水毒体質らしく、薬剤師の方からすすめられたのが防已黄耆湯。飲んでみると、2ヶ月でひざの痛みが改善。念願の2泊3日の旅行にも出かけられて大満足です。

漢方薬剤師・愛先生が伝授!
防已黄耆湯はどんな人に向いてるの?

どんな体質・体型の人に向いているか

気逆、瘀血

疲れやすくて冷えやすく筋肉量は少なめでポチャポチャとしたやわらかい脂肪が下腹部につきやすく下半身が太りやすい人にオススメです。内臓が下垂して下腹部がポッコリしている時にも有効です。

向いていない人

日常的に運動する習慣があったり、筋肉がしっかりついている人はあまり効果を感じられないことが多いです。下腹部や下半身のむくみが気になったとしても違う漢方薬がオススメです。

あなたにピッタリなのはどれ?おすすめの防風通聖散をチェック!
ページトップ