お腹周りの脂肪にアプローチしてくれる健康的に楽してダイエットができる「防風通聖散」を徹底リサーチ

桃核承気湯

桃核承気湯とはどんなもの?

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、「気」「血」の流れを良くする5種類の生薬から作られている漢方薬です。

効果 副作用
体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、打撲症 人によってまれに、発疹、かゆみ、食欲不振、手足のだるさ、脱力感などの症状がみられることがあります。
生薬 飲むタイミング
桃仁、桂皮、大黄、 芒硝または乾燥硫酸ナトリウム、甘草 食前または食間に服用

【参考】厚生労働省「一般用漢方製剤製造販売承認基準について」処方番号152「桃核承気湯」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/0000160072.pdf

試した人の口コミ・評判をチェック

  • 「便秘が解消してぽっこり腹とは無縁に♡」(31歳女性)

前夜にお湯に溶かして作り置きして朝飲むと、1日1回でもかなり便通が良くなります。運動してないなと思うときは、朝と夜の2回飲めば、ぽっこりお腹とも無縁に!最近は長年の生理不順も改善されてきて、今では私にとって欠かせないお薬です。

  • 「体質に合っているから効果が早い!」(32歳女性)

婦人科の先生のすすめで服用を始めたんですが、PMS対策より便秘にかなり効いてて驚いてます。痛みのない下剤みたいな感じで、お通じの回数がぐんと増えました。漢方は体が欲してると飲みやすく感じるらしいので、私には合ってたのかなと思います。

  • 「子宮内膜症の人にも良い漢方」(35歳女性)

子宮内膜症と月経困難症を持ちあわせている私にはまさに理想の漢方です。毎回、生理のたびに便秘や下痢を繰り返していたのが、これを飲んでからはだいぶ落ち着いています。体質改善には時間がかかるので、最初は最低でも2週間以上は続けるのがオススメ!

漢方薬剤師・愛先生が伝授!
桃核承気湯はどんな人に向いてるの?

どんな体質・体型の人に向いているか

体力がありがっちりした体格で便秘気味の人
桃核承気湯は体力がありがっちりしている人や、肥満体型の人で下腹部が張る便秘タイプの人に向いています。桃核承気湯は血のめぐりを良くして便秘を解消してくれる効果が期待できます。

女性の生理不順など「瘀血(おけつ)」の症状がある人
桃核承気湯は、血の滞りを良くしてホルモンバランスを整える効果があるため、のぼせや生理不順、ひどい生理痛、高血圧にともなう肩こりやめまいなどの症状の緩和にも効果的です。また、生理前にイライラしたりさまざまな症状が出る月経前症候群(PMS)の緩和にも用いられています。

のぼせやほてりがある人
血行が悪くなって下半身が冷え、顔だけのぼせたりほてりがあるような人は、桃核承気湯を飲んで血の巡りを正常にすることで、こういった症状を解消することにつながります。

イライラして暴飲暴食してしまう人
桃核承気湯は、精神的不安やイライラにも作用するので、ストレスなどでついつい食べ過ぎてしまい、太ってしまう人のダイエットに向いています。特に、生理前に決まって食欲が増して暴飲暴食してしまう人は、PMSの諸症状の緩和と共に、食べ過ぎを抑制して健康的に痩せられる効果が期待できます。

向いていない人

体力がなく胃腸が弱くて軟便や下痢になりやすい人
桃核承気湯には便通を良くする効果があるため、体が弱く疲れやすい、胃腸が弱く下痢や軟便気味の人は控えたほうがいいでしょう。お腹がゆるい人は大柴胡湯去大黄という漢方薬で、体の熱や炎症をとる作用を得ることができます。

妊娠中や授乳中の人
桃核承気湯に含まれる生薬の中には、子宮筋収縮作用があり、妊娠中の人はなるべく飲まないほうがいいとされています。また、授乳中の人が服用すると、その成分が母乳を通して乳児に与えられ、下痢を引き起こす可能性があるので、授乳中の服用もやめておいたほうがいいでしょう。

あなたにピッタリなのはどれ?おすすめの防風通聖散をチェック!
ページトップ